問い合わせ窓口も利用しながら購入しよう

- 問い合わせ窓口も利用しながら購入しよう

砂浜の貝殻

問い合わせ窓口も利用しながら購入しよう

今だと、どの企業でも利用者のサポートに力をいれています。問い合わせ対応やクレーム対応がまずいと、インターネットで書かれてしまい、その結果炎上や不買なんてことになりかねません。

もちろん、国内の格安航空会社においてもサポートには力をいれています。問い合わせ窓口なども利用していきましょう。

問い合わせ先も確認しておく

どの格安航空会社のホームページでも問い合わせ先は、記載されています。電話受付とメールを用意しています。やはり急ぎの時には電話が一番です。また、きちんと説明を受けたいと言うときやスタッフと話をしたいと言うときには、電話の方がいいでしょう。

また、格安航空券を購入する前にもよく出てくるような質問については、あらかじめ回答ページを用意しているところもあります。購入前にはこうしたよくある質問ページも読んでおくと、購入手続きもスムーズにいきやすいでしょう。

なお、キャンセルや予約変更についても説明があったりします。後から変えたくても変えれない、キャンセルしても返金されないなど、トラブルにもなりがちです。早めに予約したい気持ちもわかりますが、こうした情報は予約前に知っておくべきです。
ぜひ、問い合わせ窓口の確認と共に、こうしたことも確認しておいてください。

予約する前に連絡した方がいいことも

航空チケットの予約したといっても、搭乗する日より前に、格安航空会社へ連絡しておくことが必要になるケースもあります。
たとえば、妊婦や高齢者、病気がある、体が不自由などしてお手伝いが必要になるケースもあります。当日にいってお手伝いを申し込んでも対応できない可能性もあります。なので、これらの場合には予約する前やしたあとすぐに問い合わせ窓口に連絡しておきましょう。

あと荷物でもサーフボードのように手荷物や受託荷物のサイズを越えるもの、また価値の高いものや壊れやすいものなど、特別な配慮が必要になる可能性があれば、事前に連絡しておきましょう。予約前がやはりいいでしょう。
そうすると、早めに預けてくださいや預りができないなどの回答があるはずです。必要に応じて、格安航空会社を変更するといった対応も出てきます。予約してからだと、料金が丸々損しますので、先に確認しておきましょう。

不安な人は電話で予約を

予約の手続きで不安な人やインターネットが使えない高齢者などは、問い合わせ先や予約センターを利用すると、予約も一緒に進めてくれますので安心です。

些細な不明点も問い合わせをして解決すれば、国内の格安航空券の予約もよりスムーズにできるのです。