購入するのにいいタイミングを知っておこう

- 購入するのにいいタイミングを知っておこう

砂浜の貝殻

購入するのにいいタイミングを知っておこう

国内の旅行といえば、これまではANAやJALだけでした。しかし、今やピーチやスターフライヤーなど格安航空会社が参入しています。選択肢が増え、ますます旅行に行きやすくなりました。
なので格安航空券も利用したい人が多くなっています。ぜひ、利用するときにはタイミングも意識するといいでしょう。

早割を使うことがベスト

寒い季節

大手のANAやJALだと、早割をすることでかなり安くなります。またキャンセルしても全額ではありませんが、返金もされます。とりあえずということで、予約を押さえておく人も多いでしょう。
これは格安航空会社でも同じで、早割があります。しかも、大手よりも早割も7日前や5日前、3日前でもあります。前日でも正規料金より安いところもあります。なので、少しでも早めに買うのがベストです。

ただ注意すべき点がキャンセルすると返金はありません。また予約変更不可も多いです。プランによっては
変更可能もあるので確実なときには、そのまま購入し、変更かもと言うときには変更可能のプランや格安航空会社を選ぶようにしましょう。

平日に購入すること

どの日でも、航空チケットの料金は同じだと思っていませんか。春と秋ではそもそも違いますし、日によっても変わることもあります。基本的に平日よりも週末が高いと言われています。
理由としては、週末に予約する人が多いからです。また座席の空席により、変えてくるため、日によって変わるのです。大手もこの方式を採用しているので、要チェックです。また午前よりも午後が高いとも言われています。
なので、予約をするときにはなるだけ平日の午前中がいいでしょう。

年明けや夏場に買ってみる

年明けの1月や2月、また8月や9月頃も購入にはいい時期です。というのも航空ダイヤの改正時期です。

この頃には、各航空会社もキャンペーンをしたりなど、安くなることあるからです。また、この時期だと改正するダイヤの60日前くらいとなるので、早割も聞いてやすくなるというわけです。
あと、観光シーズンや帰省シーズンだと料金もその他の時期よりも高くなります。この時期だと、それらも過ぎていますから、航空会社も安くしてでも売り出してきます。購入するには、お得なタイミングとなるわけです。

急な旅行の時にも

国内であれば、週末に一泊二日で急な旅行なんてこともできます。そんなときにも正規料金とすぐに考えずに格安航航空券をチェックしてください。空席があれば、当日激安にすることも珍しくないからです。出発の三時間前までは安くなります。

タイミングを図れば、格安航空券もさらに安くして購入するのも可能です。