LCCは追加で取られると高い!?必要な分はケチらずに払っておこう!

- 格安航空券はけちらない方がお得をする!

砂浜の貝殻

格安航空券はけちらない方がお得をする!

今や国内ならば、10,000円を切る価格で、旅行することも可能です。それができるのも、格安航空券が使えるようになったからです。
これからも路線増加も期待できますから、ますます格安航空会社から目が離せません。
そんな航空チケットは、予約の時には、けちらない方がいいと知っていますか。

赤い絨毯

そもそもどうして安いの?

大手のANAやJALと比べるとLCCであるジェットスターやスターフライヤーは、正規料金で比較しても半額近くまで下がるケースもあります。キャンペーンになると、3,000円以下となることもあります。

これだけ安くなるのも、まずは1度に運ぶ人数を増やしながら、かつサービスは徹底的に削除したからです。大手で無料で受けられるサービスも有料化とし、それによりコストを削減したのも理由と言えます。
また、機体も新しくしたり、同じ種類の機体だけにすることでコスト削減など、かなり格安航空会社側は努力しています。

激安になった反面、乗り心地についてや対応で不満も持つ人もいますが、やはり料金の安さの魅力にリピーターも増えています。

荷物の追加料金が発生しやすい

先にあげたサービスがなくなったり、弱くなった面としては、まずは受託荷物があります。旅行には荷物は欠かせません。しかも宿泊する日数が多いときやまた帰るときには、お土産などで増えるのが当たり前です。

この受託手荷物については、格安航空会社ごとに制限があり、それを越すと追加料金となります。
たとえばバニラエアだと手荷物の身の回りの品は2個までとなり、その2つの荷物重さを合わせて10kgまでが無料で預けられます。荷物のサイズは、高さ、幅、奥行きの合計が56×36×23(cm)以内となります。
他にもジェットスターだと、2つの合計が7㎏までです。あとサイズはバニラエアと同じか、114×60×11(cm)となります。

他の格安航空会社も似たような制限があります。この制限を越すと、追加料金が発生してしまいます。
その日に支払うとなると1,500円から3,000円の範囲となります。一人当たりなので、家族だと下手すると人数分追加となり得ます。
ところが、予約申し込み時に予めオプションでつけておくと、数百円から1,500円と安くなるのです。
その当日に払うよりも事前に万が一も考慮して支払っていた方が、ずっと得というわけです。

その他にも追加料金を出しておく

桜の木と花畑

あと、よくあるのが座席指定です。予約時にもできますが、当日空港についてからなんて人も多いです。
しかし、基本的に座席指定も追加料金となります。特に小さなお子さんがいるときには、座席指定は必須です。あらかじめ追加料金として、オプションで支払っていた方が当日の出費も抑えられますし、また座席指定の操作や支払いで時間のロスも防げます。

また、格安航空会社の場合、基本的にキャンセルしても返金されません。あと、欠航したとしても払い戻しもありません。それも踏まえて安くなっているのです。
ところが格安航空会社の料金プランによっては、全額ではありませんが払い戻しを受けられるものもあります。通常の料金よりも高くはなりますが、それでも大手よりは安いです。もしも台風シーズンやまた天候が気になるときには、そうしたプランの航空チケットも購入しておくと、結果としてはお得でしょう。

座席もクラスで選ぶ

格安航空会社を利用しても、乗り心地で不満を持つこともよくあります。特に成人男性で身長の高い方は、狭く感じて大変かもしれません。
実は座席にはクラス分けがあります。その場所によっては、快適に乗れます。一般的なクラスよりは、料金は若干高めとなります。それでも大手よりは安いので安心してください。

国内ならば格安航空券がいいといっても、けちらない方が快適に旅行はできるのです。

更新情報